晴れの日 happy sunny day

日常のこと、韓国旅行のこと、美容のこと

MENU

ソウルで中国料理 【양꼬치羊肉串】ってどんな料理?

こんばんは😊mameriです。

 

やっと金曜日が終わりましたね~。私は土日休みの仕事なので、今からのんびりお菓子を食べながら一息つきます♪

今週は寒かったし、仕事もなんだか微妙に忙しかったし・・

仕事柄ずっとパソコンをいじっているので、手首と肩が痛いです。

しかもインフルエンザの予防接種を受けたところが痒い。

インフルエンザもそろそろ流行の季節です。

皆様もお気を付けくださいませ。

 

さて!

今回は韓国でよく見かける串のお店をご紹介します。

GOGO!

 

 

韓国で食べる串

 

日本で串というと、焼き鳥が多いですよね。

韓国では「羊肉串양꼬치」という看板をよく見かけませんか?(屋台では牛肉や鳥肉の串もよく見ますね)

양꼬치ヤンコチと読みます。

 

このヤンコチはその字の通り、ラム肉を串焼きにした中国の料理です

日本にも串焼きはたくさんありますが、お店で食べる串のほとんどが焼かれて出てきますよね。でも中国の料理のヤンコッチは自分で焼いて食べます。

そして日本ではなかなか食べられないスタイルなので、韓国に行ったら是非食べてみてほしい料理。

 

場所

 

色々な場所で目にするといっても、いざ食べようとすると見つからなかったりしますよね。

このヤンコッチのお店は、中国人の方が多く住んでる町に多いです。

ソウル中心部では意外にも東大門の周りにもお店がたくさんあります。

建大入口にはヤンコッチ通りもあるそうですよ。

www.konest.com

 

私が行ったのは、大林대림という駅。

チャイナタウンというと、先日ご紹介した仁川が有名ですが

 

 

ここ大林にもチャイナタウンがあると中国人の友人が教えてくれました。

仁川のチャイナタウンはどのお店も大きな店構えで、観光地然としたチャイナタウンですが、

大林は生活感あふれたチャイナタウン。

 

f:id:mameriday:20181214115829j:image

2号線乙支路入口から乗り換えなしで約30分。

8番もしくは12番出口から出ると、すぐです。

f:id:mameriday:20181214140442j:image

 

f:id:mameriday:20181214141442j:plain

 

看板は韓国語と中国語が入り乱れていますが、通りを歩いていると聞こえてくるのは中国語が多かったです。

私たちが向かったのは안도양꼬치(アンドヤンコッチ)というお店。

 

안도양꼬치

 

さて!では店内に入ります。

韓国といえど、ここは中国料理のお店。

並んでいるビールは青島ビールやハルビンビール。

 

f:id:mameriday:20181214110025j:plain

f:id:mameriday:20181214110021j:plain

 

手前の赤いのは、野菜を薄い豆腐で巻き巻きしたもの。

これも焼いて食べます。

 

豆腐という名前ですけど・・なんだろ。干して乾燥させたような、ちょっと歯ごたえのある・・でも高野豆腐とも全然違う、そんな食べ物です。
 

串以外の料理もあります

 

中国人の友人がすべて注文してくれました!

ヤンコチに餃子に酢豚に・・・。

f:id:mameriday:20181214110024j:plain

 2人なのに、えらい量・・・。

ちなみに、この左下のも薄い豆腐です。

 

韓国や中国の餃子は、茹でたものか油で揚げたものが多いですよね。

日本みたいに焼いたのって見ない気がします。

皮ももちもちしてて、ちょっと厚め。

日本にいる中国人の友人が言うには、日本のスーパーで売ってる餃子の皮は薄すぎて、茹でると破れそうなんだって。

日本の皮は焼くように作られてるんでしょうね、きっと。

というか、中国や韓国では餃子の皮は手作りなのかな・・・たぶん。

 

串を焼く機械に注目

 

f:id:mameriday:20181214110020j:plain

羊肉串は、金属の串にささって出てきます。

こちらを炭火でゆっくりと焼いていくんですが・・

ここで面白いのが、この焼く機械!

f:id:mameriday:20181214110026g:plain

GIFにできた!!♡

左側のお肉を見てください。

 

わかりますか?串がくるくる回ってるんです!

 

金属の串に☆型の金具がついてるので、この炭火の入った台の上に置くと、溝に☆型金具がはまって自動でくるくる回るんです。

なので、ひっくり返したりしなくても、まんべんなく焼ける!

なにこれ面白い!と私一人で興奮してました(笑)

 

そして、焼けたら上の金具の部分に置いておきます。

f:id:mameriday:20181214110022j:plain

ここに置くと、焦げない&下からの熱でいつまでも温かい!

なにこのハイテク機械!

 

 

f:id:mameriday:20181214110023j:plain

食べる時は串から外して、この写真の左下にある香辛料をつけて食べます。

これがまた、唐辛子や山椒、胡麻などが入ってて、ちょっと辛いけどおいしい。

 

最後に

 

大林のヤンコッチのお店は、夜はお客さんが多くて入れないこともあるそうですが、昼に行くとあまりお客さんもいないので、ゆっくりと食事ができました。

 

店員さんは中国の人だし、メニューは中国語と韓国語ですが、

中国料理のお店の多くがメニューに写真が添えてあるので、言葉がわからなくても注文できます。

あと、中国語は漢字なので、漢字を見たらなんとなく意味がわかる😊

 

こういう金属の串にささってて、台が動いて串がくるくる回るのって日本じゃ見ない気がするし(地方在住の私が知らないだけかも)、ぜひぜひ食べてみてはいかがでしょうか♪

 

あ、台が動かず、自分で串をひっくり返さないといけないお店もあるみたいです!

 

【店名】

안도 양꼬치

安图串吧

【住所】

서울특별시 영등포구  도림로38길6-1 2층

 

googleマップに載っていませんが、この場所の2階にあります。